家紋の種類:

丸に木瓜紋の家紋画像

丸に木瓜紋 まるにもっこうもん

Japanese Crest : maru-ni-mokkou-mon

木瓜紋は日本の代表的な家紋の一つで、使用家も藤に次いで二番目に多いとされる。鳥の巣が卵を包んでいるように見える図柄。また、ウリを輪切りにした形を図案化したものともいう。すだれの帽額(もこう)に多く用いたところからいい、「木瓜」と当てて書いた。窠紋(かもん)。もこう。子孫繁栄の意が込められている。一説によると木瓜紋の起源は、孝徳天皇の皇子、有馬皇子の後裔に始まるとされ、その一族が但馬の養父郡を領し栄えた。その子孫に、日下部、伴、紀氏、朝倉、朝来、大田垣、八木、奈佐氏等が挙げられる。石川、富山、福井の三県に木瓜紋の使用家が多いのは朝倉氏の影響であるといわれている。戦国時代には織田家と朝倉家が争うが、その織田家の家紋も朝倉家の家紋を真似たものともいわれている。

家紋に関連する書籍のご紹介【PR】

当サイトの制作にあたり、参考とさせていただいた本をご紹介致します。
日本の家紋に興味を持ち、もっと詳しく調べてみたい方にオススメの書籍です。