家紋の種類:

月に北斗星紋の家紋画像

月に北斗星紋 つきにほくとせいもん

Japanese Crest : tsuki-ni-hokutosei-mon

月は昔から夜の支配者として庶民に絶大な信仰があった。月に兎や鳥や天女が住んでいるという話は世界中にある。さらに仏教では妙見菩薩を祀り、月の権化とした。前述の通り、月は信仰の対象となっていたが、特に三日月は武家に用いられた。月紋は三日月、八日月、、半月、満月を基本としているが、他の紋と合わさって造られていることもあり、その数は多い。また、北極星は妙見菩薩として具現化され、信仰の対象とされた。星紋は千葉氏の代表紋とされ、伝承によれば戦で窮地に陥ったその時、空から星が降り注ぎ、それによって力を得て戦に勝利したことにちなんでいる。

家紋に関連する書籍のご紹介【PR】

当サイトの制作にあたり、参考とさせていただいた本をご紹介致します。
日本の家紋に興味を持ち、もっと詳しく調べてみたい方にオススメの書籍です。


種類別に家紋を探す