受注生産品 墨点字帖趙佶 徽宗 痩金体千字文放大全彩版 1386円,文房具・オフィス用品 , 学用品 , 書道用具,墨点字帖趙佶(徽宗)痩金体千字文放大全彩版,kakeizudo.com,/butcherliness1413517.html 1386円 墨点字帖趙佶(徽宗)痩金体千字文放大全彩版 文房具・オフィス用品 学用品 書道用具 1386円,文房具・オフィス用品 , 学用品 , 書道用具,墨点字帖趙佶(徽宗)痩金体千字文放大全彩版,kakeizudo.com,/butcherliness1413517.html 受注生産品 墨点字帖趙佶 徽宗 痩金体千字文放大全彩版 1386円 墨点字帖趙佶(徽宗)痩金体千字文放大全彩版 文房具・オフィス用品 学用品 書道用具

受注生産品 墨点字帖趙佶 徽宗 発売モデル 痩金体千字文放大全彩版

墨点字帖趙佶(徽宗)痩金体千字文放大全彩版

1386円

墨点字帖趙佶(徽宗)痩金体千字文放大全彩版

商品の説明

徽宗 (きそう)は、宋の第8代皇帝、在位期間1100年-1125年。諡号は体神合道駿烈遜功聖文仁徳憲慈顕孝皇帝(退位したので「遜」(ゆずる)という文字が入っている)。姓名は趙佶(ちようきつ。第6代皇帝神宗の六男(第11子)。芸術面では宋最高の1人と言われる。 文人、画人としての徽宗はその才能が高く評価され、宋代を代表する人物の1人とされる。千字文は書道のお手本として、古代から親しまれています。現在の中国の書道のお手本として、千字文の存在はとても大きく、歴代の書道名家の千字文が各出版社から 発行されています。 痩金体(そうきんたい)とは楷書の書風の一つ。北宋の徽宗が考案したもので、痩金書とも言う。

墨点字帖趙佶(徽宗)痩金体千字文放大全彩版

目的から探す

新着記事